お尻が痛くない!?最新クッションレジャーシート

キャンプやお花見などでは、天気が良ければ良いほど外でゆっくりしたくなるものですよね。

その際に非常に便利なのが、レジャーシートではないでしょうか。

家族で囲んで食事を楽しむことができたり、友達同士で寝そべってくつろぐことも可能です。

しかし、低品質なものでは地面の凹凸に影響を受け、過ごしにくくなりがちです。

リラックスした時間を過ごすにしても、体に痛みを感じては困難になると思います。そのまま過ごしていると、後日体を痛めたり、帰宅後に体に異変を感じることもあるため注意しましょう。

また、高齢の方などは健康被害になることも考えられます。

そのためレジャーシートは高品質快適に過ごせるものを選ぶことが大切です。

従来のレジャーシートではアウトドアなど使用する機会が限定的な傾向がありました。わざわざキャンプ用に買うのももったいないとお考えの方もいるでしょう。

そこでご紹介したいのが、最新のレジャーシートやクッションです。

豊富な商品ラインナップで、自分好みのものを選び、レジャーがこれまでより楽しくなるはずです。

また、自宅でも兼用できるものもあるため、アウトドア以外でも有効に活用し、無駄になりにくいものもあります。

お気に入りのレジャークッションを購入すれば、今までよりもキャンプなどのレジャーに積極的になるのではないでしょうか。

具体的にどのような商品がおすすめなのか、以下で見ていきましょう。

1.ブルーノ レジャーシート

可愛らしくも子供っぽくなりすぎないので、大人の方でも購入可能なレジャーシートです。

裏地が滑りにくくなっているよう工夫されており、冷気や湿気を伝えにくい仕様の便利グッズなのです。

肌寒い季節ではやはり外で地面に座ることは難しいものです。冷たさに耐えにくく、お尻が痛くなり長時間過ごすことは困難でしょう。

その欠点を大きく改善するよう厚手の作りとなっているため、非常に有効な商品と言えます。

大きさは大人4人ほどに適しており、持ち運びもしやすいようにコンパクトに収納可能です。

2.スパイス バカンスマット

ポリエチレン素材の3mmのレジャーシートです。クッション性の高さを重視するのであれば、こちらの商品をおすすめします。

多少場所が悪くても影響を受けにくく、体が痛くなりにくいようになっています。

特筆すべきは、手入れの容易さです。

地面に敷くことを目的としたレジャーは、汚れやすく持ち運び時に車が汚れるなどの欠点がありました。

しかしこちらの商品は、水拭きで簡単に手入れできるため、後片付けも楽になります。

使う頻度が高いという方は、とくに有効商品として活用可能です。

3. ベルメゾン 向かい合って座れる組み合わせ自由なレジャーシート

家の敷地内でも活用したいと言う方におすすめしたいのがこちらの商品です。4枚に分かれている特徴的なシートであり、組み方は自由です。

レジャーにはもちろん、家の中でくつろぐときでも活用でき、生活を快適なものにしてくれます。

アウトドアでも切り離して使えるため、それぞれ好きな場所を選ぶ、といった使い方もできます。

自由度の高いレジャーシートを購入し、キャンプに出かけてみてはいかがでしょうか。