燃料いらずでお手軽!バイオライトクックストーブティール

寒い季節のアウトドアは、耐え難いほど夜が冷えるため敬遠しがちな方も多いです。

市販のホッカイロだけでは有効な対策とは言えず、大きなストーブは荷物になるので持ち運びも難しいでしょう。

燃料も調達し、管理しなければならないので手間も多く、冬のアウトドアに対して良い印象はあまりありません。

しかし、最新のレジャーグッズを活用することで、これまで耐えしのぐことが困難であった寒さにも対応可能であり、冬のキャンプも楽しみやすくなるでしょう。

そのためにご紹介したいのが、バイオライト クックストーブティールという商品です。

いったいどんな商品なのか、特徴を詳しくご紹介していきます。

・燃料は小枝

石油ストープのように、灯油を燃料として使用するのではなく、その辺りに落ちている小枝や枯れ葉が燃料となります。

現地調達で済むのはとても便利であり、自分で探すということを楽しむことも可能です。

現地に到着するまでに集めることもでき、旅の楽しみが一つ増えると言っても過言ではありません。

あまりに大きい枝を使用することは難しいので、必要であれば細かく切断するなどの対応は必要です。

・煙が少ない

暖を取るためには、焚き火をすることも非常に有効な手段です。

しかし、物を燃やすことで大量の煙が発生し、目に染みるのが嫌だという方も多いのではないでしょうか。

この商品は、そのような欠点を補い煙の発生を限りなく少なくしてくれます。

その秘密としては4段階の送風ファンにあります。

強力な送風機能で、煙が舞い上がるのを防ぎ健康被害を引き起こす危険も回避してくれます。

とくに小さなお子様が直接煙に当てられてしまうと体調を崩す危険性が高くなるためご家族の方にはとくにおすすめできる商品と言えます。

・USBケーブルで充電可能

従来のストーブは、コンセントのみでしか充電不可能な商品が多いです。

こちらの商品はリチウムイオン電池で稼働しており、充電をしながら使用するのが基本的な使い方となります。

充電がなくなったときは、バッテリーをUSBケーブルに接続して充電することが可能です。

小枝を集めるというアナログな方法と、ケーブルによる充電というデジタルな方法を兼ね備えた商品となっているのです。

全てが自動ではキャンプの楽しみが減ってしまいがちですが、素材を自分で調達する、というアウトドアの醍醐味も忘れてはいません。

別売りのアクセサリーを使用すれば調理器具にも使用でき、調理時にも有効に活用することができます。

火力調節の方法も分かりやすく、だれでも操作することが可能という手軽さもあります。

これまでのストーブでは対応できなかったことができるようになるため、冬のキャンプが過ごしやすくなるはずです。

サイズも比較的小型の物で持ち運びの負担も減らしてくれる点も見逃せないメリットとなっています。

もちろん他にも様々なお手軽ストーブが発売されているため、是非お気に入りの商品を手に入れて今まで敬遠していた寒い時期のキャンプにも、積極的にお出かけしてみてはいかがでしょうか。