ソフトな明かりでムードは完璧!アウトドアで使えるライト

キャンプで日が落ちると、周りが暗くなり作業が困難になりがちです。その際はランタンやライトを使用して周りを照らす必要があります。

テント内に吊るすことで部屋全体を照らしてくれるため大変便利なものと言えます。

しかし、眩しい光や光が弱いと感じる方もいるでしょう。

そこで今回ご紹介していきたいのが、野外でこそ輝くライトです。

アウトドアで再現することは困難な優しい光を演出でき、目にも優しく雰囲気作りにもぴったりです。

1.スノーピーク たねほおずき

ろうそくの灯火のような優しい光を演出できるライトです。形も丸くかわいらしいランタンのようなので、インテリアとしてもおしゃれ感を演出してくれます。

丈夫にマグネットループがついているためぶら下げることも容易にします。

比較的小型の商品になるのですが、明るさと電池の持ちも十分です。

ランタンでは火事の心配が懸念されますが、こちらの商品を使用することで安全性も増し、雰囲気も良くなるので非常に便利な商品と言えます。

2.ランドポート ソーラー式エコライト ソーラーパフ 暖色

ライトでありながら電気いらずなライトです。

ソーラ式を採用することにより、環境にも配慮され、まさにアウトドアのために使用する商品と言えます。

こちらは暖色系の光であるため、どこか暖かい光を演出することができます。

光源はLEDとなっているので、強すぎないちょうどいい光を作り出しています。

就寝時に真っ暗が嫌だという方にもおすすめで、ちょうどいい光加減が睡眠を妨げることもないでしょう。

こちらの商品はシェード模様となっているので、壁に模様が映り込み幻想的な世界へといざなってくれるはずです。

そのためテント内で使用するのがとても有効ではないでしょうか。

上下にベルトがついているため、吊るしたりテーブルに置くなど様々に使用できます。

さらに、防水加工も施されているため水回りを照らす際にも有効なのです。

お風呂でも使うことができるため、いつでもアウトドアを暖かく照らしてくれます。

紙風船のような形をしており、収納時は平らにできるため省スペースでも持ち運び可能な点も大きなメリットです。

環境と便利さを追求した商品を活用し、これまででは演出不可能であった雰囲気を存分に味わってみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?アウトドアで使えるライトも、昨今はここまで進化しているのです。

安全性能も格段に上がり、流行りの暖色を野外でも味わうことができます。

中には模様によって季節感を演出してくれるものもあります。そのためきせつごとで使い分けて、より良いムードを演出することもできるのです。

いずれも持ち運びが容易で、軽量なものが多いため、荷物の負担にもなりにくいです。

是非自分好みの形を見つけたり、出かける場所によって最適なものを選び、もっとアウトドアを楽しいものにしてみてはいかがでしょうか。

テントの中や外など場所を選ばないので、メインのライトはこれ一つあれば十分ではあります。

しかし緊急用のライトを容易し、もしもの事態に備えることも必要なので、できるだけ予備は準備しておくことも忘れてはいけません。