荷物にならない!アウトドアで使える最新の浄水器

アウトドアを楽しむ際は、非常時にも備えることが大切です。

もしものときのための備えることで、不安な気持ちを払拭でき心置きなく楽しむことができます。

非常時の備えとして有効なのが、浄水器を持ち込むことです。

水は生活するうえで最も重要と言っても過言ではありません。そのため非常用の水か、水を生成することができる機材はとても重宝するでしょう。

また、大自然のきれいな水を飲んでみたいという方にもおすすめです。そのままでは菌が繁殖している恐れがあり、一度煮沸消毒する必要があります。

しっかり消毒して浄水器も使えば、安全性がさらに増すはずです。

そんな便利な浄水器ですが、どんなものを選べばいいのか分からない方が多いと思います。

そこで今回は、便利でアウトドアに持ち込むのみおすすめの浄水器をご紹介していきます。

是非非常時の備えの歳に役立ててみてください。

・ソーヤー スクィーズフィルター SP131

浄水器を選ぶ際は、様々なポイントを整理しなければなりません。除菌率の高さや容量、携帯の便利さなどを考え、最適な商品を選ぶのがいいでしょう。

この商品の特徴としては、有害物質の除去率が高いことにあります。

99.9%と脅威の除去率を誇り、安心して飲水を生成することが可能です。

ご家庭の備えとして一つ持っておくだけで、災害時の備えにも非常に役立ちます。

・Vestergaard(ベスターガード) 浄水ボトル LifeStraw Go

ボトル型の容器を使用した浄水器です。容量は約670mlで、十分な飲水を確保することが可能です。

ストローを使って飲むのですが、吸い上げる際にろ過してくれるため若干吸い込む力が必要になります。

ボトルタイプなのでコンパクトにたたむことは困難ですが、リュックなどのホルダーにぶら下げることで持ち運びの問題も解決するでしょう。

衛生面に最大限に配慮するため、使用するたびにストロー口をしっかり拭き取って使用することも忘れてはいけません。

・GEERTOP ポータブル浄水器

165gほどの重さで、非常に軽量で手軽に持ち運び可能な商品となっています。

そのためアウトドアに持ち込むのに適した浄水器と言えます。

カラーラインナップが豊富で、お気に入りのものをリュックからぶら下げてさりげなくオシャレ感をアピールすることも可能です。

価格が比較的安価で、他の商品よりもお求めやすくなっています。

初めて浄水器を購入する際、まずは試しに購入してみてもいいでしょう。こちらもストローを使用して浄水するため、衛生面には配慮するのがおすすめです。

いかがでしたでしょうか?携帯浄水器は、豊富なタイプがあり、どれを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

どのような頻度で、どれくらいの水が生成できればいいのかを明確にし、使用する場所なども考えて選ぶのがおすすめです。

いずれも緊急時に非常に役立つ商品となっていますので、ご家庭に一つ置いておくだけでも非常に有効です。

おいしい水を安全に飲むため、もしもの備えとして是非一度購入を検討されてみてはいかがでしょうか。